思春期お絵描きブログ

主に思春期の心情風景をテーマにしたイラストを描いています。辛気臭いものが多いですが、どうか、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

イラスト

狂い咲き!2「暑い太陽!」

7月の後半、夏休みが始まると麻斗は、午前中に宿題を適当にすませ、魚取り用のたもにバケツを自転車に待たがり午後は河原に行く日課に決めていたのだ。勉強嫌いで両親に何かと理由をつけて塾に行っていないので、夏休みはほとんど暇のかたまりのようなもの…

狂い咲き!1「憩いの場所!」

ちょっと人見知り気質のある麻斗(あさと)は魚取りが大好き!今年5年生に進級したこともあり、普段は父と車で来ていた河原にひとり立ちしてみたいと思ってか、夏休みに入ると、ひとりでちょくちょくと自転車に乗って川にいくようになる!

普通じゃねえから!5「蘇るハプニング!」

なんだかんだ小百合にぶちぶち嫌味を言われながら耐えるように自宅の長屋に一緒に帰ってきた龍太だったがここでもまだアクシデントが続いてしまう!家にはまだお母さんは帰って来ていなかった。小百合「ちょっとお母さん、まだ帰ってきてないの?ポストに鍵…

普通じゃねえから!4「一難去ってまた一難!?」

神社から臨時収入?を得た龍太はその足で日暮れの坂道を駆け上ると商店街の端の角にある小さな本屋に向かった。龍太「一度新品で買って見たかったんだあ~!」龍太は何だか感動気味に週刊誌の一冊少年ゾンビを手に取り、レジのおっとりとしたおじさんにお金…

普通じゃねえから!3「厄日のご褒美!?」

カラスとのハプニングで物置小屋の上から飛びおとされるように地面に尻もちをついた龍太!なんとかお尻に激痛を感じながらも大事には至らなかった!龍太「くっそー、まじでいってえなあ〜!(# ゚Д゚)バカカラスめ!獣の分際で人間様に歯向かってんじゃねえぞボ…

普通じゃねえから!2「災厄な1日だぜ!」

今朝、俺のクラスの担任が救急車で運ばれた!人生ついてねえ日ってほんとついてねんだなあ〜!昼下がりの神社の物置の上でくつろぎぼやいている龍太!龍太の憩いの場だ!不機嫌な顔してブツブツいっている彼ね様子を雀たちがちらちらと木々から伺っている。…

普通じゃねえから!1「風に舞い上がるセーラー服!」

なんだか急にいつも暗い話しや絵ばかりだったから思いっきり家族のドタバタコメディを描いてみたくなりました!なんとなく描いたけどこんな感じのキャラクターが浮かびました!高校1年生の小百合(さゆり)と小学3年生の悪ガキの龍太(りょうた)の姉弟で…

青い影帽子!10「真夜中のパインアイス!」

か 絵理香それに今日は水曜日でお隣さんが居るらしくさっきからこの子らの泣き声でしきりに壁ドンしてくる。いつもはお婆ちゃんがひとりで暮らしてるみたいで耳も遠いのか何も言われる事はなかったから安心してたんだけど…寮暮らしで働いている息子さんが週…

青い影法師!9「押し入れの中!」

絵理香泣いてばかりいる子はミルクおわづけだよ〜!深夜じゃうるさいから押入れね!赤ちゃんてみんな、霊感強いってほんとかな〜!あんたたちと毎日いるとわたしサイコパスになりそうだわ!

青い影法師!8「笑顔の法則!」

恵梨香双子が来てから私はほとんど毎日家で1日過ごす日が多くなった気がする。私が怒らないのをいい事にこの子たちはわがままにわめき放題!昼間はお母さんいるけど夜勤疲れで眠ってる。私は常に笑ってるだけの人形になってしまったみたい!

青い影法師!7「不満の渦!」

そして母が夜勤のある曜日はほとんど、双子の夜泣きに叩き起こされる絵理香はまるでモンスターにでも取り憑かれたような、荒々しい精神が心の奥で目がかっと開くように育って行く気配をしみじみ感じていた。

青い影法師!6「しあわせの赤い靴!」

絵理香が双子の子育てで疲れて行くたびに毎晩夢の中では間逆にゴージャスな世界に浸って行く自分を感じる。裕福なお洋服に身を包んで笑顔が絶えないような優しい世界。そして安堵な安らかな笑みを浮かべる瞬間、赤子たちの泣き声に現実へと引き戻されるので…

青い影法師!5「夜泣きの赤子!」

絵理香「母たちが離婚してからいろいろあったけどベビーベッドとかは母が以前結婚前働いていた保育園に事情を話して運良く使っていない古いベッドを譲ってもらえる事になった。双子にはちょっと小さい気がしたから、この子たち別にダンボールでもよかったん…

青い影法師!4「赤ちゃんブランコ!」

近所に住んでいるワンちゃんのサブレは絵理香の仲良し!この日は飼い主の人が用事で1日家(住宅)で預かる事に!無駄吠えをあまりしないからいつも家にあげても周りの住民からは誰にも気づかれないんだ。内緒で部屋に入れると怖がりの双子たちがパニクる様…

青い影法師!3「赤ん坊と阿修羅の怒り!」

双子の赤ちゃんを受け取った時の母は阿修羅のようなオーラを放っていた事を覚えている。父と知らない人との子供だと聞いたから当たり前かな!せまいバスケットにきゅうくつに押し込められてたせいか、火がついたような赤ちゃんたちの泣き声もやかましかった…

青い影法師!2「双子の部屋!」

2双子の部屋!」 押入れの下はこの子たちの部屋?絵理香の新しい家族は訳があって生まれたお父さんの連れ子だった!絵理香の心は複雑です。

青い影法師!1「夏色のドレス!」

久しぶりのイラスト小説です。今日、すごく久しぶりに描きました。女の子はあまり描いたことなかったので新鮮でした。かなり残酷な話しなので苦手な方はおひかえください!m(_ _)m1「夏色のドレス!」引っ込み思案な少女、絵理香は小学6年生。ある日新しい…

第2回「炎の中の怒り!」

イラスト小説「闇の住人たち!」の続きです。 正男が後ろを振り向くとそこには、炎の海の中のような、真っ赤に燃えた光景が広がり、沢山の怪我をしたような人たちがうめき声をあげて正男に迫ってきた。血の気がひいたようなその青い顔の人達は、それぞれ「痛…

第1回「闇の住民たち!」

イラスト小説「闇の住民たち!」の挿絵です。久しぶりの投稿にホラーものですみません!<(_ _)> 高校1年の正男(まさお)は深夜にジョギングをする習慣がありました。ある日いつものように深夜の12時すぎに行き慣れた道や公園をジョギングした帰りに汗だ…

鯛とお気楽の舞い踊り!

ジャック兄ちゃんとポニーがお父さんの釣り竿を借りて鯛や赤魚を沢山の釣り糸で見事、器用に釣り上げて舞い上がっています。 ジャック「へへへへ・・・!大漁だぜ!みたか兄ちゃんの実力を!( ̄▽ ̄)」ポニー「わ~い!ジャックにいちゃん!しゅごいでちゅう…

雨の日のお留守番!

主役のトーマスの頭の上にアマガエルが!洗濯物が乾かなくて部屋干しの下で外に出られないからいらいらしているジャック兄ちゃんがポニーを殴ってます。おやつでもめているのかな!ていうか、蛍光灯の光りをお日さまがわりにしてる!(◎_◎;) ジャック「なに!…

令和祝い&笑う門には福来る!?

令和祝いの続きで、みどりざる家族です。 トーマス「雨がふろうがやりが飛ぼうが、どんな時でも、最後に笑ったもの勝ち!そうでしょう!一緒に笑顔の花を咲かせようよ!(*^_^*)」

令和祝い!&おきらくみどりざるファミリー10周年記念!

令和になってだいぶ月日が立ちましたが、改めましておめでとうございます。♡(*^_^*)愛知万博、環境絵本に出品した愛知生まれのみどりざるファミリーです。色鉛筆画です。久しぶりに描いて僕も10年とゆう月日が流れてずいぶん年を重ねてしまったなとしみじ…

二福神車、道行き!(那古野祭り!⑤)

しつこいですが、那古野祭り!の続きでこちらは、名古屋で有名なからくり山車です。版画のインクで汚れてしまいました。年によってちがいますが、那古野祭りにも参加で、名古屋駅の方からはるばるとビルの間を青年衆が、前棚でしきを取るはたきを両手に持っ…

和太鼓、みだれ打ち!(那古野祭り!④)

那古野祭り!取り溜めの4枚目のラストです。クライマックスで太鼓を激しく打ち鳴らす青年とミャーです。汗が噴水みたいに噴き出して、脱水症状おこしそうです。ふんどしはなんか、ちょっと抵抗があって太鼓で隠しました。もっと堂々と描けるようになりたい…

宵の花火と太鼓打ち!(那古野祭り!③)

那古野祭り、3枚目です。いよいよ、祭り本番で車楽に乗った、青年とすっかりお祭り猫になってしまったミャーはハッピまできちゃっています。イカ焼きにお酒がついていたのか少し酔い始めているのかな。猫には強かったかもです。♡(*^_^*)花火も絶好調で青年…

宵車楽と巨大イカ焼き!(那古野祭り!②)

昨日に続いて、那古野祭りの宵山です。スキャナを濃くめにしてしまって少し色合いが強くなってしまいました。日もだいぶくれて、花火の音色と共に、人がまばらに集まってきました。昼間の飾り人形が提灯山の姿に変わって、その姿はとても、幻想的と人々は言…

朝車楽とかざぐるま!(那古野祭り!)

ひと月くらい眼精疲労でパソコンから離れなくてはならない日々を送っていて小説等の執筆活動がなかなかできませんでした。その間、版画の落書きばかり描いていたので、それを投稿させていただきました。<(_ _)>今回は名古屋の7月に毎年行われている、那古野…

怒りのオーラとイヤホン中毒!(版画、落書き!)

ホラー小説「ダイビング!」の版画の落書きです。久しぶりの新作で、夏の間ずっと描いていたもので、少し溜まってきたので投稿させていただきました。反抗期真っ最中の中学3年のあきらは家でも学校でも、人間関係で何かもめるとトイレに引きこもりスマホや…

激辛とうがらし地獄!

オリジナル小説「少年の嵐!」の挿絵用に描いたものです。のぶおの同級生の河井隼人と、アライグマに変身したのぶおです。辛い物好きの隼人に持ってきた、しし唐の実だと思ったのが、実は激辛のとうがらしの実だった。中華麺をゆでながらとうがらしの実が入…