普通じゃねえから!5「蘇るハプニング!」

f:id:a919255217:20210701110208j:plain

なんだかんだ小百合にぶちぶち嫌味を言われながら耐えるように自宅の長屋に一緒に帰ってきた龍太だったがここでもまだアクシデントが続いてしまう!
家にはまだお母さんは帰って来ていなかった。

小百合
「ちょっとお母さん、まだ帰ってきてないの?ポストに鍵も入れといてくれてないし入れないじゃない!あの飲んだくれのオヤジまでどこ行ったのよ!(# ⊳Д⊲)」

玄関の引き戸をガチャガチャと不満を漏らしている小百合!龍太の家は貧しいせいか合鍵をつくらず一つしかないらしい!

龍太
「まじでえ〜、母ちゃん昼間病院で先帰れって言われてだいぶたつのに、何してんだよ!<(`^´)>」

小百合
「はあ〜、病院てなんなの!お父さん運ばれたってこと?てかなんであんたそんな大事なこと知ってて黙ってんのよ!(# ⊳Д⊲)」

龍太「違うし、父ちゃんのことはしらねえよ!病院に運ばれたのは俺の担任の美川(よしかわ)だよ!( ゚Д゚#)」

N、なれなれしいな〜!(-_-)

小百合「どうしてあんたの担任の付き添いにうちのお母さんが駆けつけなきゃならないのよ!(# ⊳Д⊲)どうせあんたがまた何かやらかしたんでしょ?その前に何、生意気に担任の事馴れ馴れしく呼び捨てにしてんのよ!何様気取りなのほんと!」

龍太もだんだんうんざりして・・・!

龍太「姉ちゃんに言われたくね〜し!( ゚Д゚#)ちょっと今日はいろいろあったんだよ!そのせいで散々なめにあってずっとイライラして忘れようとしてたのに、思い出させんなよ!」

小百合
「威張り散らしてんじゃないわよ!あんたが元凶なんでしょうが!この疫病神!(# ⊳Д⊲)」

龍太「だからちげーし!クラスのやつらとちょっとからかってやろうとしただけだし!そしたらあいつら最後は、俺だけのせいにしやがったんだよ!ひでえだろ!」

小百合「ちょっとからかってがなんでこんなおお事になってるわけ!ひどいのはあんたの間抜けな顔でしょうが!(# ⊳Д⊲)それでお母さんパートまで休むはめになったんでしょ!何をやったのよ!」

龍太「もう言わねーよ、言ったって怒るだけだし疲れんだよ!姉ちゃんの相手すんの!( ゚Д゚#)」

小百合「いいから言いなさいっての!またそのくっだらない週刊誌でどつかれたいの!(# ⊳Д⊲)」

龍太は手に持ってた少年ゾンビの週刊誌を取られまいと後ろ手に隠すように眉間にシワをよせしぶしぶ話しだした。

回想、今日の朝!
龍太のクラスの授業が始まる前、教室の入り口でひもを両手にいたずら笑いの龍太!数人の生徒もはやし立てるように笑いをこらえてる時ちょうど3年2組担任の美川茜(よしかわあかね)29がピンクの派手な洋服の爽やかな笑顔で入ってきた。

美川「おっはよー!みんな〜ちゃんと漢字のテスト勉強やってきた〜?机の上の物しまってね!始めるよ〜!(*´▽`*)」

みんな、「ハーイ!\(^o^)/

龍太「勉強なんて、してねーよ!グヘヘ…」

Nナレーション、スケベヅラしてんなあ~!(-_-)

A男「先生一番上のボタンはずれてるぞ〜!❤」

B男「まじで…キャハハ!!!」

C男「龍太、やれやれ〜!(≧▽≦)」

D子「龍太やめなさいよ!( ⊳Д⊲#)」

E男「先生上見て〜!(笑)」

F男「やばいよ〜!(*^▽^*)」

G男「先生は胸しまってえ〜!❤\(^o^)/」

入り口の上には10リットルぐらいてんこ盛りに入ったバケツが仕掛けてあったのだ!美川はそれに気づく事なくストレートに教室に入っきた瞬間、たくらみ笑いの龍太によってバケツに繋がれていたひもがひかれ派手に水をかぶるはずだった!しかし予想はおおいに外れてグラっと傾き落ちてきたバケツは虚しくほぼそのままの重量のまま、もろ美川の後頭部にガンと直撃してしまった!

そして美川が「うっ」と床にひたいもその後同時に打ち付ける感じで倒れ、バケツの水は床に叩きつけられるようにバッシャァーンと広がり、クラスは静まり返りうつ伏せのまま動かなくなった美川を一同を目前に一気に教室が凍りついた!