塾帰り!(心霊!)

f:id:a919255217:20191204001936j:plain

前回の続きです!

中3の卒業祝いの旅行で同級生の郁巳(いくみ)と一緒にピクニックに行った浩司(こうじ)は楽しかったものの帰ってからも異様な空気に包まれるような日々を送っていました。誰かの異様な気配を感じたり触れられたりなど常にだれかに観られているような感じです。ピクニックにいったハイキングの山の頂上が自殺の名所で有名であったと知ることになるのも、帰ってからだいぶ後のことでした。

 霊感体質が強すぎてたくさんの霊たちを連れ帰ってきてしまったのかもしれません!

ハイキングと記念写真!(心霊)

f:id:a919255217:20191120233745j:plain中学3年の同級生の仲が良い、こうじ、浩司(左)といくみ郁巳(右)が初夏の良い天気の日に卒業祝いで山登りのハイキングに出かけたときの記念写真です。ちょっと不可解なものが映り込んでいるのがわかりますでしょうか!

鯛とお気楽の舞い踊り!

f:id:a919255217:20190817112838j:plain

ジャック兄ちゃんとポニーがお父さんの釣り竿を借りて鯛や赤魚を沢山の釣り糸で見事、器用に釣り上げて舞い上がっています。

ジャック
「へへへへ・・・!大漁だぜ!みたか兄ちゃんの実力を!( ̄▽ ̄)」
ポニー
「わ~い!ジャックにいちゃん!しゅごいでちゅう~\(^o^)/」

うおおおお~~~~。(# ゚Д゚)

その時後ろから怒ったような謎の声とともにカッパのような人が地引網らしきものを持って走ってきました。どうみても魚を取りに向かってきた様子じゃないよね。

ひょっとしたら、ジャックたちがはしゃいでる場所はこの人の養殖所(なわばり?)だったのかも・・・。

ジャック
「わあああ~~~。な、なんだあああ~~~!\(☆Д☆)/!」

ポニー
「ひいいい~~~!ごめんなしゃい!ごめんなしゃいでちゅう~~~!( ノД`)シクシク…!」

あとは、どうなったか知らない。(-_-)

雨の日のお留守番!

f:id:a919255217:20190812122325j:plain

主役のトーマスの頭の上にアマガエルが!
洗濯物が乾かなくて部屋干しの下で外に出られないからいらいらしているジャック兄ちゃんがポニーを殴ってます。おやつでもめているのかな!ていうか、蛍光灯の光りをお日さまがわりにしてる!(◎_◎;)

ジャック
「なに!兄ちゃんのぶんまで手えつけようとしてんだ!(# ゚Д゚)」

ゴツン!\(☆Д☆)/!

ポニー
「いちゃいでちゅ~!( ノД`)シクシク…」


トーマス
「なかなかやまないな~」

トーマスは自分の分のバナナはしっかり確保してる様子です。(*^_^*)

そういえば、七夕に関係ありませんが、紫陽花の花は花びらが沢山集まって星にもみえるとかで、地域によっては星咲き(ほしざき)とも呼ばれるみたいですね。

令和祝い&笑う門には福来る!?

f:id:a919255217:20190811000134j:plain

令和祝いの続きで、みどりざる家族です。

トーマス
「雨がふろうがやりが飛ぼうが、どんな時でも、最後に笑ったもの勝ち!そうでしょう!一緒に笑顔の花を咲かせようよ!(*^_^*)」

令和祝い!&おきらくみどりざるファミリー10周年記念!

f:id:a919255217:20190718105939j:plain令和になってだいぶ月日が立ちましたが、改めましておめでとうございます。♡(*^_^*)
愛知万博、環境絵本に出品した愛知生まれのみどりざるファミリーです。色鉛筆画です。久しぶりに描いて僕も10年とゆう月日が流れてずいぶん年を重ねてしまったなとしみじみと感じてしまう今日このころです。
家族紹介を改めて、真ん中の主役がトーマス、左がジャック、右の白い子が女の子でポニーラ(ポニー)後ろの左がロバートパパ、右がマリーヌママです。なかなか描く機会がありませんでしたが、これからしっかりと描いて行きたいと考えています。今後とも、どうか、よろしくお願いいたします。♡<(_ _)>

食欲不振!(ボールペン画、鴉)

f:id:a919255217:20190430133342j:plain

いじめっ子、続きです。誰かをいじめたりすると良心が痛んだりして食欲がなくなると聞いたりしますが、彼の場合、食べ物の好き嫌いが多いようだったのでちょっと違うような気がしました。いじめっ子のように体内からよくないオーラを出していると自然と不吉な生き物が集まってくるみたいな事も聞きました。鴉(からす)達が粗末に捨ててこぼしている食べ物に群がってきました。中学の時、野外学習に行ったときの彼をモデルにしました。雲ひとつない青空なのに彼の周りだけ異様なオーラを感じました。