令和祝い!&おきらくみどりざるファミリー10周年記念!

f:id:a919255217:20190718105939j:plain令和になってだいぶ月日が立ちましたが、改めましておめでとうございます。♡(*^_^*)
愛知万博、環境絵本に出品した愛知生まれのみどりざるファミリーです。色鉛筆画です。久しぶりに描いて僕も10年とゆう月日が流れてずいぶん年を重ねてしまったなとしみじみと感じてしまう今日このころです。
家族紹介を改めて、真ん中の主役がトーマス、左がジャック、右の白い子が女の子でポニーラ(ポニー)後ろの左がロバートパパ、右がマリーヌママです。なかなか描く機会がありませんでしたが、これからしっかりと描いて行きたいと考えています。今後とも、どうか、よろしくお願いいたします。♡<(_ _)>

食欲不振!(ボールペン画、鴉)

f:id:a919255217:20190430133342j:plain

いじめっ子、続きです。誰かをいじめたりすると良心が痛んだりして食欲がなくなると聞いたりしますが、彼の場合、食べ物の好き嫌いが多いようだったのでちょっと違うような気がしました。いじめっ子のように体内からよくないオーラを出していると自然と不吉な生き物が集まってくるみたいな事も聞きました。鴉(からす)達が粗末に捨ててこぼしている食べ物に群がってきました。中学の時、野外学習に行ったときの彼をモデルにしました。雲ひとつない青空なのに彼の周りだけ異様なオーラを感じました。

男子トイレ!(ボールペン画、蛇)

f:id:a919255217:20190430000007j:plain

いじめっ子のらくがきの続きで、スマホいじりで授業をさぼっています。だんだんと思い出してきて、そういえば、ちょっとずる賢い所のある子でした。小学生の頃は背が高くなかったけど、中1の時はずいぶん浸透も伸びて大人びた感じがありました。へびのようにじわじわとしたいじめ癖が目立っていたので、今回は動物霊の蛇を選びました。思春期に関係なく、蛇などの動物の霊に取りつかれたりすると、性格が変わったり性に対する意識が異常に高くなると聞きました。

アイデンティティー!(ボールペン画、狸)

f:id:a919255217:20190429153633j:plain

小、中学校の頃にいた、いじめっ子だった、ハーフ系のクラスメートです。僕自身もいじめられて印象深い記憶の子だったので、当時のアルバムや写真を見ながら、描かせていただきました。家では、狸を金網の檻で飼っていたそうで、僕も、いじめられる前に、一度、見せてもらった事があって、彼の内面をイメージしてみました。ボールペン画の落書きです。

二福神車、道行き!(那古野祭り!⑤)

f:id:a919255217:20181226120244j:plainしつこいですが、那古野祭り!の続きでこちらは、名古屋で有名なからくり山車です。版画のインクで汚れてしまいました。年によってちがいますが、那古野祭りにも参加で、名古屋駅の方からはるばるとビルの間を青年衆が、前棚でしきを取るはたきを両手に持った子供のざいふり人形を合図に、お囃子と並んで、数人で持ち上げたり、向きをかえたりと威勢のいい声で祭りを盛り上げてくれます。今年はこの1台だけ参加したみたいですが、3台の時もあるようです。どこの山車も屋根を上げた高さは、大体5~6メートルで、中に、お囃子の人10人と人形を動かす人7人で20人前後乗る事があるようです。山車だけでさえ思いのにそれだけの人が入ると、重さは5トンくらいになって、それを、引きずったり持ち上げたりしたらかなり重いみたいです。

和太鼓、みだれ打ち!(那古野祭り!④)

f:id:a919255217:20181215100501j:plain那古野祭り!取り溜めの4枚目のラストです。クライマックスで太鼓を激しく打ち鳴らす青年とミャーです。汗が噴水みたいに噴き出して、脱水症状おこしそうです。ふんどしはなんか、ちょっと抵抗があって太鼓で隠しました。もっと堂々と描けるようになりたいです。ミャーは酔ってどうなるかと思ったけど、いつのまにか軽業師の見世物みたいに逆立ちしてお祭りを盛り上げてるようです。案外、お酒に強いのかもです。(*^_^*)

宵の花火と太鼓打ち!(那古野祭り!③)

f:id:a919255217:20181213102847j:plain那古野祭り、3枚目です。いよいよ、祭り本番で車楽に乗った、青年とすっかりお祭り猫になってしまったミャーはハッピまできちゃっています。イカ焼きにお酒がついていたのか少し酔い始めているのかな。猫には強かったかもです。♡(*^_^*)花火も絶好調で青年も蒸し暑そうにすっかり打つ前から汗だくで、ミャーは有頂天で「せーの、たーまや~~~!」って感じかな。ぶっ倒れなきゃいいんだけど・・・。(-_-)