血塗りの阿修羅像!(版画、落書き!)

f:id:a919255217:20181104101842j:plain

前回に続いて「ダイビング!」のホラー小説のあきらです。
期末試験習慣で学校も早く帰れるのだが、不良ぐせのあるあきらは、勉強もほとんどせずふらふら遊び歩いています。この日は、ゲームセンターで夢中ですっかり遅くなっておまけに夕立の激しい雷や雨に襲われ、ふいに飛び込んだお寺のような小屋には、薄暗く陶器のような骨董品が沢山あった。奥には仏像のような巨大な人形も、陶器も含めお札のようなものが張られていた。
あきらは気にせずいたまに土足で座り込むとすぐに持っていたスマホゲームに夢中になり、雨が止むのを待っていたが、時より、「う~っ」と低いうめき声が耳に入ってきた。だが、スマホ中毒のようにゲームに夢中になり過ぎていたこともあり、その声を確かめようともしなかった。
ゲーム機の怪物に、「しぶてえなあ、まだ死なないのか!」と何度も、しね、しねと連破して舌打ちをしていたらふいに殺気を感じ、ふりむくと恐ろしい顔をした、3つの顔の仏像が今にもあきらに襲い掛かるような眼差しでするどい爪のある数本の手で頭をおもいっきりつかんできた。仏像は、恐ろしく低い声で、
「おまえも、死にてえかあああ~~~!」

あきら
「ぎゃああああ~~~~!」

あきらは持っていたスマホを仏像の顔をめがけてなげつけると、力まかせに仏像の手を振りほどいてどしゃぶりで雷のなかを飛び出すようにへっぴり腰で逃げていった。

このお寺は、お客様から、頼まれたわけありの人形や品物などを供養する所で、あの仏像は、ある精神錯乱者の物好きの所有物だったらしく、家に誘拐して連れ込んだ人達を仏像の前で殺しては楽しんでいた大量殺人鬼のようだ。ようやく逮捕されたらしいが、おびただしい沢山の人の血しぶきが仏像にかかり、亡くなった者たちの怨念が染み込んでいるかもとここのお寺に供養を求めたらしい。

なぜ、あきらの前でお札がはがれたのかは謎である。

ひょっとしたら、ゲームで遊んでいる時の表情や声が持ち主の声と似ていたのかもしれない!

怒りのオーラとイヤホン中毒!(版画、落書き!)

f:id:a919255217:20181103113445j:plain

ホラー小説「ダイビング!」の版画の落書きです。久しぶりの新作で、夏の間ずっと描いていたもので、少し溜まってきたので投稿させていただきました。反抗期真っ最中の中学3年のあきらは家でも学校でも、人間関係で何かもめるとトイレに引きこもりスマホやイヤホンなので怒りの炎を消化する変わり者。けど、よくいるヤンキータイプの少年です。ちゃっかり、水泳部に入っています。
イラストは、自宅で面白くない事があったのか、トイレでこもってじだんを踏んでいる所。
イヤホンの過激な音量が音符の悲鳴にかわりあきらの怒りを代弁して叫んでいます。

あきら
「ああ、うぜえ~!腹が立ち過ぎて出るもんもでねえわ~!(⊳Д⊲)」

暗黒の魔術師!(ブラックピエロの怪!④)閲覧注意!

f:id:a919255217:20181101210252j:plainハロウィン事件。ブラックピエロの続きです。パート4のラストです。ハロウィンで捕らわれた子供たちの人肉の大量の詰め合わせです。パンプキンのランタンも限界のせいか顔中から勢いよく血しぶきを吐き出しています。
四方八方、てんじょうやゆかに飛び散った生温かくも生臭い匂いを放つ、独特な液体の血の雨がふるよ~。
苦手な方は閲覧をご控えください。

激辛とうがらし地獄!

f:id:a919255217:20181006104043j:plainオリジナル小説「少年の嵐!」の挿絵用に描いたものです。のぶおの同級生の河井隼人と、アライグマに変身したのぶおです。辛い物好きの隼人に持ってきた、しし唐の実だと思ったのが、実は激辛のとうがらしの実だった。中華麺をゆでながらとうがらしの実が入ったチャーハンを味見した二人はまさに口から火吹きの激辛地獄です。頭が朦朧とした隼人の周りをどんぶりの模様の不死鳥が二匹怒って、あおるように飛び回っています。

それでも太陽は赤く染まる!第24回「暗闇の戦士たち!」

f:id:a919255217:20180930115722j:plain図書館で時間をつぶしそれでもまだ、帰る決心がつかなくて少し離れた大須の熱帯魚屋まで自転車で足を運んだひとし。そこで欲しかった安価のツメガエルを見つけ気分が一気に上昇したのも虚しく、買ってから、ポケットにあるべきはずの保険証が見当たらないのにきずいて頭は一気に真っ白に・・・。

第24回「暗闇の戦士たち!」

ひとし、店を出て、手に冷や汗をにぎり、冷めていく思考の中で必死に朝からの行動をたぐりよせる。

ひとし
「(確か診察のカードと一緒に歯医者で受け取ったのは何となく覚えてるけど、だけど今までポケットには財布以外の感触がずっとなかったような・・・。(>_<)あああ、そのあと自転車で梶谷にぶつかって倒れた時、別に道路にはカバン以外飛ばなかったきがするし、う~ん。それで梶谷と口論になって、すきをみて必死で逃げてきて・・・。)」

ひとし、自転車にまたがりあたりの街灯がともり始めるのを見ながら、さらに記憶を呼び覚ます。

ひとし
「(あっ、その前に、先輩に胸倉思いっきりつかまれて携帯出せとかってポケットに強引に突っ込んできたよな。猛獣みたいな顔して!でもそれは後ろぽけっとだったし、前のポケットが狙われる前に逃げてきたから・・・。まさか振動で落ちて・・・。Σ( ̄ロ ̄lll)!そのあとは無我夢中で走ってきたから覚えてないや・・・。けどやっぱ・・・!あそこらへんのどこかで落としたとしか考えられない。(>_<)」

ひとしは、絶望的な青い顔をしながら、自転車にまたがったまま前に歩くように少し進むと、さらに、追い打ちをかけるような違和感が・・・。

ひとし
「自転車、空気ぬけてるし~!じゃなくてパンクか?\(◎Д◎)/!てか今パンクする!普通こんな時に!そういえば、図書館から乗ってた時変な、違和感あった気もするけど・・・。こんな所でかんべんしてよ~。\(☆Д☆)/!」

心で半泣き状態でさけびながらひとしは、頭回らないながらも、自転車を降りてひきはじめ、もと来た道をもどろうと走り出す。

ちょっと走るとちょうど自転車屋さんらしきバイクとならんだお店が目に入り、外に空気入れを見つけた。ひとしはガラスに貼ってある紙をチラ見すると、パンク料金1,400円と書かれていて・・・。「だめだ、高いや~、家の近所だと800円のとこあるし!」とあきらめたように、自転車を止め空気入れを持ちいそいそと入れ始める。

ひとし
「(前に確か、パンクした時、空気いれたらしばらく乗れた時あったんだよね。ひょっとしたらただ空気がちょっとぬけただけかもしれないし、って、そんな事ないとは思うけど。どうか、家につくまで持ってくれないかな~。)」

辺りが本格的に暗くなりはじめ大須のまわりにネオンが光りはじめ、ますます焦りを感じるひとし。前のタイヤにパンパンに弾けるくらい入れると。すばやく空気入れがもとにもどし、またがり突っ走る。

ひとし
「絶対、ないかもだけど、やっぱりあの場所行かなきゃだめかな~。あっても誰かとっくに拾っちゃってるだろうし、相手が梶谷だけはさけたいなほんとう。もしあの人が拾ってたら、僕の住所知られちゃうし恐怖しかないよ。なんせ逃げてきたんだから!あんとき逃げなかったらぼく絶対死んでたよね!人間じゃないよあんなの!」

大通りの信号が赤信号でひとしは空気が抜けちゃうんじゃとそわそわしながら、左右に行きかう自動車の音を聞く。

ひとし
「そういえば、この辺栄だけど、さやかに会わないね。まあもう夕暮れだしとっくにバレエの発表会は終わってるかな!そうだよ!もとはと言えばさやかがあんな奴(梶谷)といちゃちゃしてるからいけないんだよ。八方美人だよね本当。それと朝の自転車事故とは別だけど、まったく関係ないわけじゃないし!その事で習字でもさんざん美咲にからかわれてさ、挙句に先生にまで一緒にしかられて・・・。」
ひとし、青信号を渡り始め、表情がさらに険しくなり無い頭で考える!

ひとし
「うん?(-_-)だけど、となると・・。違うか!今日のいやな事って全部梶谷にかかってくるじゃん!自転車のパンクにしても梶谷にぶつかったのが原因だし!まあ、焦ってたのは歯医者の神山の長話しのせいだけど・・・。それいったらきりないか!ああ、なんで僕のまわりにはろくな人間がいないんだろ!なんか、僕って怒ってる時が一番頭の回転が良い気がする。自慢じゃないけど。そういえば、ピンチの時に人は潜在能力が出やすいってなんかのラジオできいたな!それって、アニメだけの話しかと思ったけどまんざらじゃないのかな!わあ~っ。Σ(゚Д゚)」

無意識に思考が周っていたせいか、向かう先々の信号に反応がにぶくなっていた。赤信号で思わずわたりそうになったが、急ブレーキでなんとかとどまった。
ひとし、手に再び汗をにじませながら、心臓の鼓動がはやくなって・・・。

ひとし
「やばい、やばい!考え過ぎると僕って周りがみえなくなっちゃうのかな!Σ(゚д゚lll)確かに朝もこんな感じだったからぶつかったような気がする!スマホ運転の先輩の不注意もあるけど・・・。ライトつけよ!」
一度、自分の言動を改めたのか興奮が覚めたひとし、いつのまにか、もう蒼い町の交差点近くまできていたが、暗くなってきてよく判断が出来なかったのだ。

ライトをスイッチを入れて、信号待ちをしていると、騒がしい声が聞こえてきて向こう側に自分と同じらしき学生の姿がぞろぞろと歩いてきて信号待ちをしてるのが見える。自転車に乗ってる人も数人いてスポーツバッグを肩にかけたりしてるから梶谷先輩と同じ部の連中かもしれない!似たようなユニホーム着てるし!精神的にひとしはちょっとビクンとなって遠回りになるがもうひとつ向こうの信号から渡ることにした。

暗いからお互いの顔は見えないと思ったが、渡るすれ違いで観えたらやはり恐怖しかなかったのだ。

自分が渡りだすと、向こうの連中もにぎやかにしゃべって渡るのがみえる。ひとしは、ちょっと浮かない顔をして、本当なら、自分と同じ年頃の人たちは、あんな風に、みんなと一緒につるんで笑ったりして学生生活を送ったりしてるんだなと。まともじゃない自分がちっぽけな存在に感じてしまい悲しくなった。

そんな気持ちをよそに押しいれて、朝逃げ走ってきた細い通りを裏から周って、「どこだ、どこだ、保険証!」とすっかり気力を無くして、亡霊のように呟いて、梶谷と、もめ事があった場所までゆっくりとペダルを走らせてきた。

ひとし、ため息をもらし、でも誰もいないか用心して周りをきょろきょろしながら道路をしじゅう見渡して・・・。

ひとし
「やっぱり、ないよね~。(-_-)こんな所に落ちてたら絶対に目立つから、だれかひろうだろうな・・・。というかやっぱりタイヤの空気がまた抜けてきたし!間違いなくパンクだなこりゃ!ああ、なんて人生だ!生きてたって楽しい事が全然ない!はあ~。」

ひとしはついに自暴自棄になってあきらめたように、最後にすぐ裏にみえる蒼公園にトイレをすませて帰ろうとした。身体がけっこう冷え切っていたのだ。

が、ついくせで公園の道に曲がってからも辺りをきょろきょろと梶谷らしき人物が混じった不良集団が近くにいないかみてしまう。時計も木の葉に隠れて見えにくくて早くタイヤの空気が全部抜けてしまう前に帰りたいと考えてたとき何やら反対のだいぶ向こうの道からいきなり犬のはげしく吠える声が・・・。小さな黒い影の子供が2人、犬をひもで引き連れてこっちの道に向かってくる!

憂鬱に考え事をしていたひとしはさすがに、うっとおしくなってやっぱりさっさと帰ろうと焦って向きをかえようとした、だが、いた場所がちょうど街灯がなく暗くてみえにくかったために、前のタイヤが道路わきの溝にあたってはさまってしまいバランスがくずれ自転車を倒してしまう。

ガシャンと響くのと同時に振動で前かごから手提げかばんとカエルの入ったビニールが飛び散り動揺したひとしは急いで拾い直したが、すでに遅くビニールがやぶれて道路に水がにじみ出てカエルまで飛び出してしまった。

ひとしがパニクッてビニールに手でつかんで戻そうとしたが、暗い道路の上でぴんこぴんこと勢いよく跳ねて3匹とも別方向に飛んで行く・・・。
その光景に犬もさらに興奮したのか、飼い主の子供らしき手からひもが離れ大きな声で吠えながらひとしに向かって走ってきた。

ひとし
「ふぁああああ~~~~!\(☆Д☆)/!」

ひとしの声が甲高く悲鳴に近い声をあげるのもつかの間、猛スピードで走ってきた白い犬がいきなりぬれた地面ではねてる一匹のカエルをすばやく、するどいきばでくわえるようにかみついた!そして低くうなるように首を数回激しくふるとぶちっと残酷な音と共にカエルの下半身が地面にちぎれ落ちた!

暗くてよく見えなかったのが幸いだが、ひとしには、グロすぎてとてもまともに見られない光景だった。Σ( ̄ロ ̄lll)

ひとしが情けない顔でその様子を言葉を失ったように眺めていると、向こうから犬の飼い主らしき小さな子供が、「ごめんなさ~い。大丈夫でっか~!」とものすごく張りのある高い声で走ってきた。

そして、興奮した白い犬を「ぺス!ふせ!」と両手て抱きしめるようになでまわして、犬はするどい歯をひとしを、にらんでみせながらも少しおとなしくなった。

公園のさくに情けなくもたれかかっているかっこうでひとしは、走ってきたこの幼い声の子供が昨日夕暮れ学校でみた用務員と夜一緒にいたあの少年である事がわかった。しかも追いついてきたもう一人の子供は今日昼間書道教室に見学にきていた無表情の眼鏡の少年だった。

ひとし、ゆっくりとさくにもたれながら起き上がって!

ひとし
「べ、別に僕は大丈夫ですけど!カエルが・・・。」

初めて口を聞くせいか年下の少年にも緊張してしまう・・・。

昨日、夜学校で見たときより、少年の髪が野球部のように短くさっぱりしていた。

少年
「カエルっすか?」

少年はちょっとおかしな顔をしてみせたが、少年が犬ののどあたりをさすってるすぐ下にいる残骸をみて言いたい事がわかったのか、深々と頭をさげて・・・。

少年
「どうも、すいませんしたあ~!」
まるで、近くにいると応援団のような大きな声!声変わりをしてない幼い声色だが、小柄なのに、すごい甲高い迫力だった。おまけに辺りは、暗くて静かだからすごくよく響く!やはり昨日、夜学校で用務員といた時の威勢の良い声の主に間違いないとひとしは思った。

ひとし、そんな張りのある大声で深く頭をさげられなんて返したらよいのかわからなくなり・・・。

ひとし
「い、いや~、もともとエサようで売ってたやつだから!死んじゃったものはしょうがないし!それと、カエルがあとそっちとそっちに二匹いるんだけど捕まえられなくて・・・。」

ひとしが地面でもぞもぞしてるカエルたちを指さすと、少年は・・・。

少年
「あれっすか?僕が捕まえますか!」

ひとしの返事もまたず少年はまたう~っとうなって暴れて飛びつきそうな犬を隣りの眼鏡の少年に・・・。

少年
「陸(りく)ぺスちょっとおさえてて、離すなよ!( ̄○ ̄)」と犬を預けると両手で一生懸命おうように逃げるカエルたちを必死で飛びつくように捕まえようとしてくれた。

眼鏡の少年はただ、良まれた通り白い犬に覆いかぶさるようにかかえながらその様子を無表情で眺めていた。

ひとしも、無心でその少年の姿をみてると、やがて・・。

少年
「これ、どうしまっか!(・○・)

少し荒い息づかいでよごれた両手でつかむようにひとしの前に差し出してくれた二匹の砂だらけの見分けのつかなくなったカエルだが・・・。少年の青い薄いジャンパーの両ひじの辺りもぬれたように汚れていた。

それにしても、喋る度に少年の発するひと言ひと言が迫力のあるでかい声のせいか、ひとしはなんだか、心臓の鼓動が弾けるように興奮していた。威勢のよさは昼間、しめられた梶谷のがなり声よりも勝ってると思う!

ひとし
「ああ、ありがとね・・・。でも袋がやぶれちゃって今入れるものが・・・。」

少年、ためらいなく片手でカエルをにぎると地面にあったたスコップの入ってた袋をさしだして・・・。

少年
「じゃあ、これ使って。ぺス今日、うんちしなかったから綺麗っすよ、おいら達すぐ家そこっすから・・・。どうぞっす!( ̄▽ ̄)」

くもりのないきれいな張りのある声だが、ちょっとさっきより親しげというか声色がほぐれていた・・・。

ひとし
「ええ!でも・・・。それは!(-_-;)」
(ひとし、綺麗って、ひょっとしていつも、洗って使ってるとかじゃないよね!絶対!)」

ひとしが言う前にもう少年がふくろにカエルを入れて差し出してきた。

ひとし
「あ、ありがとうね!(#^ω^)」
(ひとし、聞きたいけど、こんなけ親切に言われるとなんか失礼になるよね。このさい、仕方ないか!(>_<))
だが、街灯のない暗い場所なのに少年の不思議と穏やかなオーラというかひとしは初対面なのになぜか自然と

言葉がストレートに出せる安心感を感じた。

少年は汚れた小さな両手をパンパンはたきながら子供っぽくズボンにねだくっている。

ひとし
「(なんか、変に安心したら、またトイレに行きたくなってきたな・・・。)」

倒れた自転車を起こすとひとしは、最後にもう一度お礼を言おうとした時、完全に前のタイヤの空気がぬけてぺしゃんこになっているのにきづいた。

これ以上この子たちに変に迷惑をかけたくないと思ったひとしはすぐにその場から去ろうとさどるにまたがろうとした時、「なんか、空気抜けてないっすか!」

ちょうど前のタイヤで目にとまりやすかったせいか、少年の方もすぐに異変に気付いた。

ひとし
「あ、いや、パンクだから!大丈夫!どこかで空気入れれば・・・。(お願いだからトイレ行かせてくれ~。(;^ω^)」

少年
「僕のお父さん、自転車も仕事でなおしてるから、今から来やすか!パンクならすぐなおせるっすよ!」
ちょっと、得意顔の少年、そんなにイケメンじゃないけど、ひとしにはすごく、笑顔がまぶしくうつった。その表情にうっかり飲み込まれそうになったが・・・。

ひとし
「そ、そうなの!でも、今日そんなにお金ないし!そ、それより今、僕トイレ・・・。」
そんな、遠慮がちなひとしの言葉をさえぎるように少年はなんだかとびっきりの笑顔で、すでにフレンドリーになったような熱い口調で・・・。

少年
「いつでもいいっすよ、そんなの!(^O^)早くしないと店しまっちゃうから!って!え~!もう6時過ぎてるし。こっち来て!陸(りく)、ぺス頼む!」

少年はそう言って袖をまくり腕時計に目をやるとひとしから返事も待たず自転車のハンドルを取り街路樹に生い茂る道路側の道をどんどんひいて歩いていく!

あまり気が進まなかったがなぜかまあ、いいやと、この場合、言われるまま素直についていくしかないかなと思ったひとし。でもなぜか、この少年の好意がすごく、嬉しくてもう少し一緒にいたいとも思った。

(ひとし、あっ、またちょっと膀胱が収まってきた(*´ω`)ふ~!)

いつの間にか、犬(ぺス)は興奮も覚めていて、陸(りく)と呼ばれる無口な眼鏡の少年につれられひとしの後ろに続いて歩いてくる!

最初は礼儀正しく威勢の良い少年と思っていたが、ちょっと強引な所もある。けど何となくあたたかいオーラで包んでくれるみたいな包容力のようなエネルギーのひかりを少年からひとしは感じ、保険証や尿意の事もすっかり忘れ、胸が一杯だった。

それでも太陽は赤く染まる!第23回「アクアリウムの世界!」

f:id:a919255217:20180924191747j:plain騒々しかった習字も終わって美咲と別れ、その後も母のいる家に帰る気になれなかったひとしはコンビニのおにぎりで軽く昼食を済ませ、あてもなくぶらぶらしながら鶴舞図書館にたどり着き、うらない本などを見て暇を持て余していた・・・。

第23回「アクアリウムの世界!」

図書館でさんざん時間をつぶして最後にトイレによってひとしだったが、まだすぐ目前の鶴舞公園にみえる時計が3時半で家に帰るにはかなりの中途半端な時間に感じた。

また母から、「昼ご飯も食べずにどこほつき歩いとったんや!」と言われるのがおちだなと分かっていた分、いやそれ以上にトースターの爆発の後始末を母がどんな怖い顔でしていると想像した方が憂鬱で胸が痛み、ひとしの頭の思考回路が行き場を失って同じところをぐるぐる回って煙火寸前になる。

ひとし
「ちょっと遅くなるかもだけど、大須の熱帯魚屋よってこうかな!(-_-)やっぱどうせお母さんにしかられるなら、お姉ちゃんやお父さんが一緒にいた方が気がまぎれるし、今帰ったら僕だけ集中攻撃でがなられて地獄だよ絶対!(+_+)」

ひとしはため息交じりにつぶやきながら自転車にまたがると栄の大須方面にためらわず走り出した。
ペダルを漕ぎ出すとなんか、さっきよりも前のタイヤがごとごととするような変な感触の違和感を覚えながらもひとしは気にせずゆっくりと無表情で進んで行く!

そしてぶらぶらと走らせてまもなく大須の熱帯魚屋に到着した時にはもうお日さまの色も少しオレンジ色になりかかっていた。
栄にめんしてるせいか人通りも多く駐輪や駐車場もなかったため、ひとしは自転車を邪魔にならないように歩道の端に止める。

見上げると大きなエンゼルフィッシュの描かれた看板がやわらかく店のムードを出している。(フィッシュセンター大須館)

さほど大きくないお店だけど店内に入るといたるところが水槽で埋め尽くされ外との世界観がいっきに一変した。入ってすぐ真横にある巨大水槽にはアマゾンで有名なアロアナや1メートルくらいの古代魚たちがゆったりとこちらをのぞくように泳ぎ回りひとしを出迎えてくれた。ちょろちょろと水流の流れるモーター音がすごく心地よく耳にこだました。

そのおかげか、さっきまで、浮かない顔だったひとしの瞳にも一瞬元気が戻ったように心もゆっくりとだがやわらいでゆくのが感じられた。

普段は父とたまに車で一緒にくる所なのだが、道を覚えるようになってからは、ひとつの居場所として、ひとしも時間を見つけては自転車でくるようになっていた。

最近は金魚に凝りだして熱帯魚からはだいぶ離れていたが、以前はエンゼルやグラミー等おしゃれな魚も家の水槽で何匹か飼っていたのだ。ある日、冬にヒーターが壊れてしまい全滅してしまってからはやっぱり自然の温度で飼える魚の方が楽かもと開き直るまでは・・・。でも本当は死んじゃった事がすごく悲しくて悔しくてしばらくはやり場のない恨みを父にあたったりしてろくに口もきこうとしなかった。

ゆったりと時間が流れる中、春の大感謝祭と特売の値段で表示された熱帯魚たちをひとしはちょっと当事を思い出したのか、くやしそうに眺めていた。
小さくて鮮やかなひれのグッピーや大きくてワイルドな顔のオスカーまで、しばらくひとしは心を奪われたように魅せられていたがやはりどこかで時間だけは気にしていたのか、途中できょろきょろと時計を探す。

ふいに後ろを向くと、大きな水の溢れるすいそうに無数に白っぽい奇妙な生き物が・・・。

ひとしが近づくと四方八方にちらばるように泳ぎ出す。

アフリカツメガエルと書かれていたそれは、ひとしの目にはすごく可愛くみえた。餌用で一匹80円と結構安値で表示されていてひとしは「わあ~、\(◎o◎)/!」っとカエルにも値段にも感動したのか急に晴々とした表情に変わっていった。

確かこのカエル、理科の教科書に生体実験でのっていたやつだ・・・。

ひとし、何だか、ひとめぼれしたように表情が明るくなって・・・。

ひとし
「これなら、家で飼えるかな、4、5センチくらいだから金魚と入れても大丈夫だよね!」

ひとしはじっくりと眺めたあと、奥で水槽の掃除をしていた若い男性店員さんらしき人に速足で頼みに行った。20代後半ぐらいの髪は茶髪にピアスだけどあごひげはやしてあたたかいオーラを感じる。来た時はだいたいあと2、3人の若い女性スタッフやおじさんの店員もいるけど今日はめずらしくひとりの店番のようだった。

いつも父と一緒に来るときもあってる人だからちょっと親しみの感じがあったが向こうは別に変った表情は見せずに「何匹ほしいの!」と穏やかに接してくれた。
ひとしはかなり気分が上昇していたせいかめずらしく大きめな声でいろいろと質問してみる。
ひとし
「これって、金魚と入れても大丈夫ですよね!(*^_^*)」

男性店員、網と器を持ってこちらに向かってきて、曇りのない表情で・・・。

男性店員
「まあ、もともとアロアナとかの大型魚の餌なので金魚の方がこれより大きかったら別に一緒に入れても問題ないと思いますよ。小さいと逆に金魚の方が食べられちゃうかもしれないっすけど。(^ω^)」

所々ヤンキーっぽい言葉を交えてくるが、声のトーンには客に対するぬくもりがあった。凶暴な梶谷先輩とはだいぶ違った。

ひとしは今学校で使ってる教科書で確かツメガエルの生体観察のページがあったのを思い出して・・・。

ひとし
「えさはやっぱパンとかの耳の方が喜びますか!理科の教科書で両手で口で放り込むように食べてたの見たので・・・。\(◎o◎)/!」

店員さん、少し考え込むように・・・。

店員さん
「うう~ん!基本イトミミズとか肉食の方が栄養がしっかりと取れるから、丈夫にしたかったらそっちのほうがいいっすね!パンも食べん事はないけど・・・。バランスがいまいちね・・・。( ̄д ̄)」

ひとし、その言葉を聞いて少しだけ気分が上昇から落ち着きに変わったようだが・・・。父が熱帯魚の時冷凍赤虫と一緒に乾燥フレーク用のイトミミズを買っていたのを思い出した。

ひとし
「(あれ確か、まだ家に残ってたかな~。(-_-))」

店員さん
「それとまだ寒いからヒーターもあったほうがいいかもしれないね、もとはアフリカに住んでるやつだから!まあ、部屋があったかいならいいけど。基本は丈夫といっちゃ丈夫ですけど・・・。やっぱりちゃんと育てたいならきちんとした環境で飼うのがベストっすね・・・。どうしますかね。( ̄д ̄)」

店員は持っていた丸い大きな器で水槽の水面をかけまわしながらじれったそうに、何だかさっきよりもするどい視線に変わってひとしの返事を待っていた・・・。

なんだかだんだん、ぐずぐずしていると店員さんがしまいにしびれを切らしてしまいそうな感じがしてきたので、ちょっと考え込んでしまうひとしだったが、せっかくここまではるばる来たのだから何か買って帰りたいという欲望が勝ったのと、きまずくなってこれから来ずらくなるのも嫌だったので、少し強引に願望するように・・・。

ひとし
「でも、やっぱり取り合えず、家で飼ってみます。部屋は窓閉めればたぶん、あったかいと思うので。大きめの2匹ぐらいお願いします・・・。」

店員さん
「いいですか?入れて!(*^_^*)」

店員さんは別にいやな顔をみせず笑顔をつくるとひとしのいうとおり、指でさしたカエルをたもですくってくれようとした。が、かなり、すばしっこくってなかなか網に入らなかった。

結局、20分近く粘ってもひとしが御指名したカエルはつかまらなくて、だいたいの大きさのカエルを三匹、(一匹小さめのをサービスしてくれた!)ビニールに入れてもらって会計を済ませた。たまたま店内にひとししかお客がいなかったのが幸いで店員さんにさほど罪悪感を感じなくてすんでひとしの多少なりとの、良心もほっとしていた。

ひとしもこれと言ったら聞かない頑固なところがあるから、でもやはり、親身になってくれた人の良い店員さんに、自分のわがままで困らせて申し訳なかったと胸が痛んだ・・・。

レジでカエルの入った袋を受け取ると柱の壁に特定外来種、飼育禁止と書かれたポスターが目に入って、その中にひとしが以前店に来た時いた、青色のザリガニも書かれていた。(レッドクロウブルーロブスター)、オスのハサミの両手の端に赤色の模様のある大型のザリガニだ。

ひとし
「(結構前に小さなやつを飼っていた事があったけど飼えなくなっちゃったのかな。ブラックバスブルーギルまで・・・。お父さんとよく河原で捕まえてたっけブルーギルって熱帯魚みたいでおしゃれな感じがするんだよね。1,000万以下の罰金ってどんなんなの!どんなけの罪なんだよ!絶対払える人いないし!\(◎o◎)/!)」

店員さんに何気に話しついでに聞いてみると、

店員さん
「だいぶ規制が厳しくなってきたからね、海外の熱帯魚とか動物とか、何気に案外きついの多いっすからね、これからもじょじょに飼えなくなるものがどんどん増えてくかもしれないっすね!(^ω^)」
とレジ前で煙草に火をつけながら苦笑いで優しく話してくれた。

ひとし
「(ああ、歯医者の神山とは大違いだな、やっぱりお客相手の店員さんはこうじゃないと!)」
ひとしは少し安心してそう心で精神のバランスをとりながらも、今までかかわってきた人たちの後遺症のせいかまだなかなか素直には心を開けない自分がいた。

が、その時ひとしは、神山の歯医者でとんでもないハプニングに気づいた・・・。

習字の手提げカバンの中やズボンの前ポケットを何かしら交互に探り始め、店員さんが気にかけるようにタバコをふかしながら・・・。

店員さん
「どうかしやしたか~。( ̄д ̄)」

なんだかあせりを隠せないひとし・・・

ひとし
「だ、だいじょうぶです。こっちの事で、ちょっといろいろありまして・・・。Σ(゚Д゚)」

言葉がごっちゃになりながら、レジ前の時計がもう4時半を回っているのにきづくと、ありがとうございましたと店員の口よりも先にお礼を言って店を速足で出て行こうとする。背後から店員さんが「あざ―した!」とヤンキーっぽい声が返ってきた。

再度振り返って動揺するように、会釈をして出てくる時、レジのテーブルの端にいくつかのコップに入った、赤や青の花びらのような魚が目に入った。ベタという闘魚で、オス同士で死ぬまで戦うと言うやつだ。

「そういえば家で前飼っていたエンゼルとかもお互いつつきまわしたりしてなわばり争いのような行動が激しかったな~!」と思考がバタバタしながらもひそかに思い出した。

ひとしは何か考えてなきゃどうにかなっちゃいそうな真っ青な顔をして急速に思考を回しながら頭の中で気をまぎらそうどうでも良い事を考えてズボン全体のポケットにかわりばんこに手を入れて・・・。

ひとし
「(な、なんか、魚の世界って人間みたいにすさまじい感じがするな~!弱肉強食の社会、嫌だよな~それ~!(>_<)確か一年の頃、理科の山岡にテストで間違えてそう書いてぺけ打たれたっけ、答えは食物連鎖とか、どっちも答えなんか大差ないじゃんか!あんな先生が今年の担任なんてほんとどうなっちゃうんだろ!(+_+))」

熱帯魚と理科と新任とパニックがいつのまにか頭でごっちゃになって、わけわからなくなりながらひとしはすっかり日が落ち始めてひんやりとした空気が流れる外で歩道の端に止めてある自転車まで小走りで走ってきてカバンと買ったカエルの袋を前かごに放り込むと、ようやく思考が停止したように下を向いて・・・。

ひとし
「(保険証がないや!?どこにも!Σ(゚д゚lll)ガーン)」

さっきまでうなぎのぼりだった気分がひとしは急速に冷めていくのがわかった。

それでも太陽は赤く染まる!第22回「陽のあたる場所!」

f:id:a919255217:20180920170443j:plain自転車事故のせいで相手の(同中)先輩の梶谷に激しく追い立てられたひとし。ぼろぼろになった精神を早く落ち着かせようと書道教室にたどり着いたのもつかの間、ちょうど空いてて座った真後ろの席がさやかのおしゃべり好きな妹の美咲だった。からかいざまにはやし立ててくる美咲にひとしもつい苛立ちの熱が入ってしまい、結局言い合いになってるうちに先生に怒りの雷を落とされて、精神も安らげずやれやれと教室を後にする事に・・・。

第22回「陽のあたる場所!」

お昼の12時半過ぎごろに先生はあわてて、きてくださった保護者の方々に改めて挨拶をしているのを横目に、結局終わるのがどべになってしまったひとしはマイペースに書道具を片付けている美咲をすり抜けるように外に早々と出ていった。だがすぐ、後ろから「にわとり、早いわあ~!(^O^)」とけろっとした顔でドタドタと走ってくる。

ひとし「(うるさい!(#-_-))」と振り向きもせず心の中でまだ不機嫌面だ。

駐輪所の所では、さっき授業の見学をしていた眼鏡少年が相変わらずの無表情顔で小さな段差のある階段で腰を下ろしていた。急に外に出てきたせいか道の道路へのお日さまの光りの反射がひとしにはすごく、まぶしく感じられた!

「先に帰ってて、良かったのに!」と少年を見てちょっと面倒くさそうなふくれっ面をする美咲だったがだいぶ、お昼も過ぎてたので自分の小さなピンクの自転車をひきだすと、「にわとりバイバ~イ!\(^o^)/」とひとしをいたずらにチラ見するやいなやそのまま眼鏡の少年もまたずにペダルを漕ぎ出して先に行ってしまう。
眼鏡の少年もあまり慌てた様子は見せなかったが、乗ってきていた黒の小さな自転車にまたがると美咲を追うようにペダルを漕いでいった。

少年の自転車は補助輪が後輪の左右についていてガラガラとスピードが若干遅めだった。

ひとしは、「確か美咲と同じ3年生じゃあ・・・。(-_-)」と、もう突っ込む気力もなく走り差っていく二人をしばらくぼんやりと眺めると、ため息をもらすように自分の自転車にまたがり、つかれてまわらない頭でこの後の計画をたてようと美咲たちとは反対方向へと、ペダルを漕ぎ出す。カバンを入れた前かごがガタガタとうるさい。

その音のせいかまたさっきの怖い顔の梶谷先輩が脳裏にリアルに浮かんできてひとしは慌ててブルブルと首をよこにかきけそうと必死で別の思考を頭に呼び出す。

ひとし、憂鬱そうな顔で周りを見前足ながら・・・。

ひとし
「(さて、どうするかな。このまま家に帰ったって朝、爆発したトースターの汚れで絶対お母さんに怒られるだろうし・・・。お姉ちゃん今日も遅くなるかもしれないし・・・。う~~~ん!取り合えずお腹すいたしどこかのスーパーでおにぎりでも買おうかな!)」

気持ち良い青空に光り輝くお日さまを眺めながらひとしは、あくびをするといつのまにか、今日さやかがバレエの発表会をしていると習字で美咲に聞かされた栄方面に無意識に自転車が向かい始めていた。
途中で方向先が合流しそうな感じがしたので、美咲たちに出くわさないようにわざと大回りをしながら・・・。

だが、行く道のりの先に目だったスーパーはほとんどなく、仕方なしに通りすがりにあるコンビニに入る事にした。
「コンビニセブン」、おにぎり期間限定全品100円と書いてあった。けど、店内に入ってもひとしのお気に入りのシャケはなく、野沢菜、豚角煮とあまり普段口にしない二択しか残っていなくて、しぶしぶ豚角煮を選んだ。お昼過ぎだからお客さんもちょうどにぎわってきた後だったのだろう。レジのぽっちゃりとしたおばさんもひと段落してほっとしたような表情だった。

だが外に出て、自転車にまたがって一口かじってみると豚肉と言うよりは脂身をかじったような感触がごはんにまじりながら口中に広がってきて、ひとしは思わずおえっとなって涙混じりに戻しそうになった。けど通りすがりの人が何人もいるため口から出しかけて頑張って踏みとどまった。

ひとしは肉の脂身全般の味が苦手なのだ!
そうこうしてるうちにもう自転車でサイクリングする気も薄れてきて、ちょうど目の前の電車の線路沿いの先にみえた鶴舞の図書館に時間つぶしがてら入ることにした。

鶴舞図書館は名古屋では一番大きな図書館でひとしもたまに暇をつぶそうと訪れるときがある。好きなジャンルの種類には偏りがあるがそれでも本を読むのは好きな方であった。

自転車を外に止めて中に入るとちょうど心地よい、今日の気温ではエアコンも暖房もいらない空間そのものだった。窓もあいて外から入ってくる風がひとしにはすがすがしかった。警備員の方が室内を行ったり来たりとのんびりとした循環パトロールをしているのも不思議とのどかに見える。

受付カウンターの人達を眺め、取り合えず久しぶりに一階の新刊コーナーの周りをぶらぶらして本棚を眺めてみようかと思ったが、その前に入口付近にあるうがい用の水で口に残った豚角煮の油の味を洗い流そうとそばに行き口を近づけゆすぎ始める。

しかし、やはり他の利用者の方も使ってるせいか、顔を近づけるとうがいして吐き出してたような生臭い香りがもろ鼻に入ってきてまたしても「おえっ!」となった。

ひとし
「(ああ~、今日でもうこれ何回目だろ!最初は梶谷先輩の胸元の汗くささでうえ~っって豚の角煮でおえ~。うがいの水道でおえ~っってすでに三度目かな!ううなんかまともに吸って気分悪い!)」

ひとし、その場から逃げるように本棚がある方へと離れていった。

しばらく本を見渡すとひとしは、趣味のコーナーで金魚や魚の上手な飼い方など数冊手にとり陽のあたりのよい窓側に並べられた椅子の一つに腰かける。すでに隣のいすに座っていたコートをきた中年の男性が寝息を漏らして眠っている。空いた窓の外の風に乗って独特な異臭がした。ホームレスの方だろうか!いたるところの座席によれったい恰好をした人たちが沢山座っていた。今日一番の強烈なにおいだ。ひとしはまたもやうっとなったが、それを顔に出すのは本能的に申し訳ないと感じて、我慢するように匂いのする風を首でよけながらぱらぱらと本のページをめくって眺めていた。

それでもしばらくして今度は反対のイスにお酒くさい香りを放った中年男性が大きなげっぷと共に腰掛けてきて、ひとしはまゆをひそめ匂いに限界になって不満そうに立ちあがった。品の悪そうな酒臭い男性に再度ちらみすると真昼間から真っ赤な顔にできあがっていた。

どこにも行く当てのないひと、ひとしのように暇つぶしの人、図書館は本を見る人だけじゃなくいろんなタイプの人間が集まって来るたまり場のような場所でもある。

ひとしは本棚に持ってた本を戻すとカウンターにみえる時計はもう2時半をまわっていた。ぼーっとしてても時間はこくこくとあっという間に過ぎてゆく感覚にひとしはひとりもどかしさを感じ始めていた時、ちょうど酒臭く居眠りしている男性の後ろの本棚がリサイクル本コーナーとなっているのに気づく。

ご自由にお持ちくださいと書かれていた中に何かいい本はないかとこそこそ酒の香りからさけるように近づいて眺めると、時代小説や実用書などいろいろあったがペットや魚に関する本はなさそうだった。

ため息を漏らしかけると、本だなの端に「あなたの愛情度うらない」とちょっと面白いタイトルのものがありひとしは無意識にてにとって中を少しみてみる。

いきなりクイズのような質問が書いてあって「信じてるわけじゃないけど嫌いでもなくて、ついやっちゃうんだよね。こういうの!(-_-)」とひとしは心でつぶやきながら、試し程度に質問に目を追っていった。窓からのお日さまの光りの反射具合がちょうど開いたページの上をおおうように当たってまぶしかった。

問1
ズバリ!近々、ついてない事が多い!

ひとし
「(うん、多いね!昨日、今日は特に鬱になりかけレベルだよ!)」

問2
ひとのうわさがとても気になるほうだ!

ひとし
「(まあ、気になるかな!こそこそ言われる方は、あんまり好きじゃないけど!(-_-))」

問3
今の自分の性格をなおしたいと思う事がある!

ひとし
「(う~ん、確かに結構根暗の所があるし、人からもよく言われるし、なおしたいといっちゃなおしたいかな!美咲みたいにおしゃべりになるのは勘弁だけど!)」

問4
一日に鏡を一回くらいしかみない!

ひとし
「うん、それくらいしか見てないな!お姉ちゃんはわりとおしゃれにこだわるからどうかわかんないけど!(-_-))」

問5
まんがより読み物の方が好き!

ひとし
「(これは、どっちだろう、最近小説もあまり見てなかったし、どっちかと言うとまんがのほうが字も少ないし楽だから、やっぱ好きと聞かれたらまんがかな!)」

問6
しあわせをしみじみと感じるほうだ!

ひとし
「(・・・!そりゃ今まで何年も生きてきたなかだと感じる事もたびたびあったよ!もっと最近か昔なのかわかりやすく聞いてほしいよ!・・・まあ、いちおう感じるで・・・。(#-_-))」

ひとしは、立ち読みで途中で足が疲れそうになってもしゃがんだり屈伸したりしながら着々と質問の問いを進めていった。

問7
空をとぶのとテレポーション(瞬間移動!)どっちの力がほしい!

ひとし
「(なんだ、この質問は!もし叶うならどっちの能力もほしいけど・・・。今の僕だとけっこう疲れてるからな。精神的に。穏やかなやすらぎがほしい感じがするからたぶん空を飛ぶほうの力かな!何も考えずにしばらくずっと、浮かんでいたい!)」

問8
ひとに言えない秘密が3つ以上ある!

ひとし
「(これは、う~ん!生きてれば言えない事なんて沢山出てくるんじゃないかな・・・!すぐに浮かんで来ないけど僕だって探せばいっぱいあると思う!)」

問9
ひとの話しをよく聞いていないと言われる!

ひとし
「(ああ、いやな事思い出すな~!お母さんにもクラスのみんなや先生にも何気によく言われたっけ~!生きた化石とかしかばねとか!ひどいよね~!(+_+))」

問10
今欲しいのは、彼氏、彼女だ!

ひとし
「(いきなり突発的なしつもんだなあ~。\(◎o◎)/!友達もいないのにいきなり彼女とか、うん?なんでさやかの顔が一瞬浮かんだんだ!まずは友達だよ!欲しいと言えば!あっ、でもいいえの方がまずは友達から、になってた。ホッ!(-_-)」

問11
きらいな友達とは付き合わない!

ひとし
「(これがラストか!まあただでさえ人と付き合うのは神経使うし、きらいな相手だったらなおさら面倒だって感じるかな!さっきの梶谷先輩みたいなのは別次元の人間みたいな感じがしたし。でもあの人は友達でもないし質問とは関係ないか!)」

ひとり納得しながらも回答に進むひとし。

(で、結局の所、僕の愛情度はどうなんだ!(-_-)やってて結構愛情に飢えてる感じがしたから結構強烈な答えかもしんない・・・。なんか見るの怖いな!)なんだかんだ言いながらもひとしは結果表の載ってるページにほんの少しだけわくわくげにめくり、目をやる!

全体ではいの①の数が8つ以上だったあなた。

あなたに必要なのは、どうやら愛情よりも友情のようです。自分の事ばかり考えて友達をそまつにしていない!他人の行動にけちをつける前にまず自分の行動をもういちどしっかりと見つめ直してみましょう!

ひとし、一瞬言葉を失ったように・・・

ひとし
「(・・・!な、なんだか、意外とシンプルで現実的な答えだったな!なんか予想よりも別の意味でショックっていうか確かにそういうとこあったかもだけど、やっぱ失礼でしょこの言い方は・・・!もう帰ろ!(#-_-)」

ひとしは不快な気分になりかけたのか少し動揺しながら雑誌を閉じて本棚に戻そうとした、がその時もう一段したのリサイクル本に生き方、暮らし方と言うシンプルな別のタイトルの実用書に吸い寄せられるように目が行った。

時計の針がすでに3時近くになっていたが・・・。うらない雑誌ついでにと浮かない顔で何気に手に取るひとし!開いてページをめくると、福タイトルに「あなたの生き方まちがっていませんか!」といかにも心に突き刺さりそうな言葉が!

やりきれなくなりため息をもらし速攻閉じようとしたひとしだったが最初の目次の1行に、

「これからの社会や暮らしは個性と精神が大切にされる心の時代です!」と目にとびこんできて、う~ん!と眉間に少し迷って考えたすえ、無意識に習字カバンの手提げにそっと投げ込んでいた!