第2回「炎の中の怒り!」

f:id:a919255217:20200504183109j:plain

イラスト小説「闇の住人たち!」の続きです。

正男が後ろを振り向くとそこには、炎の海の中のような、真っ赤に燃えた光景が広がり、沢山の怪我をしたような人たちがうめき声をあげて正男に迫ってきた。血の気がひいたようなその青い顔の人達は、それぞれ「痛い~~~」、「熱い~~~」、「苦しい~~~」と叫ぶように助けを求めているように苦痛でゆがんだ表情を浮かべている。

大人に子供、お年寄りにみえる人まで多数の人間の表情が正男の目に飛び込んでくる。

血を流している人に泣き叫んでいる人の姿が正男の脳裏に容赦なく襲い掛かってきた。

正男は驚いたように、恐怖で、その様子をただ、錯覚でも観ているかのように冷や汗を流して立っている事しかできなかった。

だが、赤い炎の中の人達が眺めているだけの正男を恨めしそうにどんどん迫ってきてしがみつこうとしてきた。近づいてくると焦げとような焼けた香りが漂ってきて危うく理性を失いかけそうになった正男が、思わず「わあ~~~!」と叫んだ時、不意にエレベーターの扉が開き逃げるように走って階段を駆け上って行った。