箱庭少年探偵!第1話「真夜中の訪問者?」

こんにちは。先ほどに続いて、今回の作品も2年くらい前に他の小説サイトで投稿していた作品です。連載途中で描いていなかったのですが、せっかくなので出来上がった所までは、こちらのサイトでも投稿させていただく事にしました。

もとはストーリー4コマで描いたものを文章になおしたもので、ネーム原稿で読みにくい部分がありましたらすみません。

作品紹介
人の心の中には、誰もが見せられない箱があって、その箱を開いて世界をのぞかせる事ができれば心は軽くなるのではないかと常に思っている。
僕にもその手伝いをさせてほしいと。
中学3年を迎える森川正(もりかわただし)は正義感が強くでも、どこかこだわりを持つ変わり者。自己主張が強すぎるせいかマイペース過ぎて友達もいない。
趣味は読書と引きこもり。後、結構なダジャレ好きで毎朝9時放送のラジオのダジャレクイズ番組は欠かさず聞いている。
目の前に明るくはっきりとうつる事実よりも、暗やみに隠れる、真実をさぐる好奇心一杯の探究者。
だが、結構な怖がりでお化けは大の苦手という矛盾した点も見られる。
将来の夢は精神カウンセラーになって、世界中の人たちを救う事。
両親は共働きでなぜか家にいる事がほとんどない。でも正に電話だけはまめにかけて親子のコミュニケーションをはかろうと努力だけはしているようだ。一戸建ての自宅でひとりきり。会えない時間が愛を育てる、熱い想いがあるのか分かりませんが、正は両親を尊敬し信頼しているようです。
もともと物思いにふけるのが得意な性格からさびしがる事がほとんどないのかも知れないけど。
強い絆で結ばれている親子なのになぜ、1人息子が不登校になっているのかは、まだ謎です。
それでも、4月の春からは、3年生。中学最後の義務教育は果たしておきたいと、本人も、頑張って行く事を決意しているようだ。
引きこもって自分なりに得た知識がどこまで役に立つか(通用するか)分かりませんが!それでもカウンセラーという夢を持っている為、いろんな人を心の闇から救っていきたいという想いは人一倍強いはず。
心にある「個性の箱庭」をテーマに様々な人の精神や悩みの葛藤とぶつかり合いながら1人の人間として成長してゆきます。

主人公の性格からコメディタッチで描いていく事になると思いますがどうかよろしくお願いいたします。

登場人物

〇森川正(もりかわただし)・・・この春中学3年生 主人公 マイペースな変わり者のひきこもり

〇ゆうれい ・・・白装束の乱れ髪の女性 40~50代? 正の家にトイレに立ちよる。

〇N ・・・ナレーション つっこみ

f:id:a919255217:20171025162638j:plain

第1話 「真夜中の訪問者?」
 
〇真夜中過ぎ、夜食のはるさめをテーブル机に部屋でテレビを観ている正。
湯のみのお茶をすすりながら「現代の不眠と若者の孤独について」の番組に見入っている
 
テレビ
「その時カーテンがふわりと浮いて、窓の外に青白い顔をした人がこっちをじっと見ていたんです。」
正(ひと口お茶をすすり)「・・・。」
 
テレビ
「するとその人は、いきなりすっと部屋に入ってきて・・・。」
 

「かわいそうに。この人はノイローゼーだ。1人ぼっちのさみしさをまぎらわす為に、そんな幻覚に取りつかれてしまってるんだ。自己防衛ってやつだな。(-_-)」
 
(正、ひとり納得するようにため息をついて)
 

「ざんねんだ~。僕がそばについてあげられる事ができれば、この人もそんな幻覚見なくてすむように、援助してあげられるのに。(-_-)」
 
その時、正の目の前のカーテンがブワリと舞い上がる。
 

「ん・・?(◎_◎;)」(それに気づいて。)
 
窓の外に白装束姿の女性が青白い顔でコンコンとノックしている。額の三角巾に透けて見える足どう見てもゆうれいだ。正があっけに取られていると、すっと部屋へ入ってきた。テレビと同じように。
 
ゆうれい
「失礼しま~す。( ̄д ̄)」
 
(正、突然の光景に腰を抜かしてしまい)

f:id:a919255217:20171025162735j:plain
「な・・なんですか?あなたは~。Σ(゚Д゚)」
 
ゆうれい、自分のペースを崩さずに・・・。
 
ゆうれい
「いや~外は春風が冷たくって。すみませんが、おトイレを貸していただけないでしょうか?( ̄д ̄)」
 
正、それでも何とか動揺を隠そうと必死に思考回路を働かせて・・・。
 

「う・・うそだ。おばけに寒さなんか分かるわけないだろ・・。(# ゚Д゚)」
 
動揺してなにしゃべっていいか分からない正、がいきなり・・・。
 

「机の上にあったはるさめをヒントに思いついたんだな~・・・。(# ゚Д゚)」
 
指さして
 

「はるかぜ寒くってはる冷めぇ~ってやつだろ~。(# ゚Д゚)」
 
ヒュ~ッとふたりの間の時間が止まり冷たいかぜが吹き抜ける。

ゆうれい、さめたように正に迫ってちょっとばかにしたように。
 
ゆうれい
「ご~めんなさいねぇ~。わたし古い人間だから、どうリアクション返していいのかわからなくってぇ~。( ̄д ̄)」
 
正、おもわず顔が赤くなって
 

「ぼ・・ぼくは、べ・別にぃ~。」
 
ゆうれい、正の動揺など軽くあしらうように・・・。
 
ゆうれい
「でも私、あなたのくだらないダジャレに付き合う気はないの。こう見えても上品な育ちでねぇ~。( ̄д ̄)」
 
我に返る正、恥ずかしそうに。
 

「あなたが、どんな人生だったのかなんて別に興味ありません。な・何自慢してるんですか!(# ゚Д゚)」
 
ムキになる正
 

「ばかにするのもいい加減にしろ~。子供だからってつけあがりやがって。うちには、おばけに貸すトイレもフロもない!とっとと失せろ(# ゚Д゚)・・。」
 
ゆうれい、その言葉にカッとしたのか、いきなりゆうれいがテレビの上にあった時計を床にガシャ~ン叩きつけた。
 
正、一瞬でひるんで


「ろ・・廊下のつきあたりです・・。ごゆっくりどーぞ。Σ(゚Д゚)(気ぃ短かいなぁ。)」
 
N、ホテルですか?( ̄д ̄)

f:id:a919255217:20171025162920j:plainゆうれいが、トイレにいって時間経過。正はひとり、部屋でガクガクとおびえている。

「こ・こんなバカなことがあるか?この僕にあんな幻想が見えるなんて・・。あいつは強盗?もしくはぬすっとかどろぼうか?」
 
N、どっちも一緒だろうが。( ̄д ̄)
 
そして決意したように立ち上がると
 

「やはりそうにちがいない。この世におばけだなんありえない。ましてや、この人一倍正義感の強い僕が何者であろうと屈するなんてあり得ない事だ。」
 
N、その自身はどこから来るんだか?(-_-)
 
決心して押入れからバッドを取り出す正
 

「よ~し。そうと分かれば、あんなやつとっとと締め上げて見世物小屋にでも売り飛ばして
っと・・そのまえに。」
(テーブル机の夜食を思いだしてズズッと)
 

「冷めぬ間に、はるさめをいただいてしまわなくては。腹が減ってはいくさはできぬってね。(一_一)」
 
N、最後の晩餐か?Σ(゚Д゚)
 
〇廊下
バッドを素振りしながら、トイレに向かう正。やる気満々だ
 
読者に語るように
 

「それなら、なぜ僕があいつにびびる真似をしたのかって?」
 
N、どうしてなの?
 
正、ムキになって
 

「仕方がなかったんだ。下手に奴を暴れさせたら、近所の人達にも迷惑をかけることになるし。」
 
N、真夜中だしね?(-_-)
 

「何より家に傷がつけば大家さんに申し訳がたたない!」
 
N、借家だったのか?
 
正、バッドを振り上げダダダッと勢いよく突っ走る。
 

「だが、もうそんな事は言ってられない。森川正の名にかけてどろぼうめ、成敗してくれる
~。うおおお~。(# ゚Д゚)」
 
だが、トイレのジャーッと流れる音に「ピュゥ~ッ」と見事にUターンして逃げ戻ってくる。


「うわあああっ。( ;◎Д◎)」
 
N、情けないねぇ。( ̄д ̄)

f:id:a919255217:20171025163455j:plain廊下の壁にもたれ、ハアハアと息を漏らしつぶやく正
 

「バカな・・?いつもの力が出せない。こんなはずじゃ・・。興奮してるせいか?ふるえがとまらない。な・・なぜだ?(>_<)」
 
N、いつもの力?\(◎o◎)/!
 

「奴の方が一枚うわてなのか?ちくしょー。」
 
正、今度はいきなり目隠しをはじめ布ひもでギュッと
 

「こうなったら、精神統一だ。バランスとリズム感で奴の気配をつかめ。目覚めろ僕の野性本能。」
 
N、青春してる?\(^o^)/
 
正、キリッキリッとマリオネットの軋む関節のようにゆらゆらと音をならして前へ進む。
 

「タイとヒラメの舞い踊りのように・・・。そろ~り そろ~り、ヒラヒラとタイあたりしていけば・・・。(-_-)」
 
N、なにやってんだか?
 
瞬間、トイレのドアが「ビュ~ッ」と冷たい風で勢いよく開くと目隠しの正の顔面にバーンとぶちあたる
 

「ギャッ。!\(☆д☆)/!」
(あまりの痛さで意識を失いかけたが、なんとか耐えておそるおそるトイレの中をのぞく)
 

「失礼しま~す。(>_<)」
 
N、鼻血でてるぞ!( ̄д ̄)
 
誰もいない様子
 

「荒らされた形跡はないな。ん・・・?(◎_◎;)」
(ほっとしたが小窓が全開になっているのに気づく。ビュービユーと寒い風が!)
(正、強気を取り戻して)
 

「まったく・・なんて礼儀知らずな奴なんだ。それとも僕におそれをなして逃げ出したか?
とりあえずひと安心・・・。」
(しかし!)
 

「あっ・・。Σ(゚Д゚)こっ・これはぁ~・・・。\(◎д◎)/!」
 
驚く正、いったい何が・・・?
 
読者に向かって・・・。
 

「やはり、ぬすっ人だったのだ!トイレットペーパーが全部なくなっている!
あいつに上品を語る資格はない。!(⊳Д⊲)」
 
N、おい おい!(-_-)
 
 
すべての謎が解けました!
 
 
つづく