半魚人

真夏の夜の悪夢!

オリジナル小説「少年の嵐!」の挿絵用に描いたものです。前回、大介に海に落とされてサメの餌食になりかけたトラウマのせいか、のぶおはその夜、恐ろしい夢の形となってその記憶がよみがえってきました。暗くて不気味にひんやりした海底をひたいと手持ちの…