イラスト

それでも太陽は赤く染まる!第18回「歯科検診の焦りと憂鬱!」

トースターの出来事で姉と口喧嘩で盛り上がりながらもなんとかお互いに機嫌を取りなおしたひとし。出勤の姉と別れ検診の歯医者へと自転車を走らせるのだが、そこには久しぶりでかなり改装された歯医者の建物がひとしに緊張感を与えて・・・。 第18回 「歯…

ほのぼのホームコメディー!(ソアラの瞳は何色ですか!?)6月「いなびかり!」

「ソアラの瞳は何色ですか!?」6月分の4コマです。すっかり投稿が遅くなってしまいました。梅雨に合わせてどんよりとした見えにくい色使いになってしまいましたが、クリックして画像を拡大していただくと多少ですが見やすくなるかなと思います。皆様どう…

それでも太陽は赤く染まる!第17回「こもれびの姉弟!」

前回、危機一髪早朝のオーブントースター爆発騒ぎでひやひやさせられた、ひとしたち姉弟。桜の並木道を歩きながら美穂の不満の口調は止まりません。 第17回「こもれびの姉弟!」 早朝のオーブントースターの事件から無事何事もなく家を出る事が出来た、ひ…

それでも太陽は赤く染まる!第16回「土曜日の朝!」

イラスト小説「それでも太陽は赤く染まる!」の続きです。今回は第2章開始と言う事でカラーの水彩画の絵の具にチャレンジしてみました。小学生以来、あまり使ってこなかったのでにじんだりと苦戦しましたがなんとか無事塗り終わりました。 ひとし、朝っぱら…

端午の節句!

こんばんは。今日は朝から日差しがあって名古屋は気温が上がりましたがさわやかでひんやりとした風が吹いていて涼しい1日となりました。そして今日は、端午の節句!子供の日ですね。ちまきとかしわ餅が沢山売れてそうです。僕は子供じゃないけど売れ残りで…

人喰いザメと昼下がりの海!

ふざけて昼下がりの、海の防波堤に立つ大介と信男。人間の影に嗅ぎ付けてきたのか、大きな、アオザメがすぐ近くまで、落ちてくるのを待っているようです。身体を持ち上げられてパニックになる信男。上の鳥たちが、サメの餌食になった信男の肉片が飛び散って…

海辺と黄昏のハロウィン!

夕暮れの染まる、灯台のみえる海辺のほとり。満月に、コウモリとカラスが争う中で、海から驚かすように現れた血みどろな吸血鬼な仮装の大介が満ち潮の水しぶきを浴びるようにざぶーんと!そして椰子のネットのベッドでうたた寝をしているのぶおです。僕があ…

必殺すいか殺し!

久しぶりに、過去絵の「少年の嵐!」です。 日本版ハロウィン。(お盆)描いてるうちに、僕が憧れていた漫画家さんの漫画に出てくる男の子に面影が似てしまいましたが、モデルは小学校の頃のクラスメイトです。のぶおが新しく母と越してきた海の見える山の町…

暗黒の魔術師!(ブラックピエロの怪!③)閲覧注意!

ハロウィン事件。ブラックピエロの怪!の続きです。ハロウィンの夜に捕らえられた子供。ピエロに無残にも身体をばらばらに引き裂かれた子供。かぼちゃのランタンに詰められている様子です。かなりの恐怖だったせいか子供の顔には生気を失ったような凍りつく…

秋色の風にさからって!

オリジナル小説「ソアラの瞳は何色ですか!」の表紙絵ように描いたものです。 コアラのお父さんと白い犬のお母さんの間に生まれたソアラ。離婚した父の職場の研究室から不登校の息子の直樹へプレゼントとして送られてきた、珍獣ソアラ。 新しい家族としてソ…

夏の陽射しと午後のひと時!

オリジナル小説「蛇の眼の少年!」の海路です。版画を用いています。 午後になって、お日さまが西の方各に傾きはじめても、やはり夏の日差しのエネルギーはオーロラのカーテンがはためくように、ぬくもりが半端ではないようです。アパートの窓辺の手すりにも…

カムルチ―!(らいぎょ!)

オリジナル小説「蛇の眼の少年!」の挿絵用に描いたものです。版画を用いています。夏場の沼地で釣りよりもスイカにむしゃぶりつくのに夢中の海路とカエルのルアーに勢いよく水しぶきをあげて、かぶりついた沼のらいぎょです。不意をつかれたとんぼが驚いて…

かぼちゃさん兄弟!

昨日に引き続いて、オリジナル小説「ソアラの瞳は何色ですか!?」の表紙絵ように描いたものです。 ソアラがステッキで帽子をたたくとポンと背景が帽子柄の星空に・・・。ハロウィンも終わり千秋楽で三段カボチャ。ソアラの頭に現れた振り子のお花が左右に揺…

弾け!ソアラのマーチ🎶

オリジナル小説「ソアラの瞳は何色ですか!?」の表紙絵ように描いたものです。 ひと足遅かったですが、ハロウィーンです。かぼちゃの中にはお菓子がいっぱい詰まっています!ソアラ「なあ~~~!(*^▽^*)」(喜びの雄叫びです。)

真昼の花火大会!

以前投稿した提灯祭り!に続いて、「蛇の眼の少年」の海路です。版画を用いています。真昼に打ち上げられている花火を眺めながらりんごあめを頬張っています。首には愛想のない表情の猫面をぶら下げています。(*^_^*)

提灯祭り!

イラスト小説「蛇の目の少年」の挿絵です。版画を用いています。たまには違うジャンルのイラストも描いてみたくなってしまって・・・。(笑)夏まつりはもう終わっちゃいましたが、わんぱく少年、海路(かいじ、10歳)のハッピ姿を描いてみました。祭りの…

ほのぼのホームコメディー!(ソアラの瞳は何色ですか!?)4月「ソアラの公園デビュー!」

だいぶ遅れてしまいましたが、ソアラの瞳は何色ですか!?の4コマ漫画、4月分です。皆さま、よろしくお願いいたします。<(_ _)> 穏やかに晴れた春風のあたたかいぬくもりの昼下がり、今回、直樹はソアラを連れて初めての公園デビューのようです。(*^_^*)①…

暗黒の魔術師!(ブラックピエロの怪!②)閲覧注意!

前回に引き続きハロウィン事件!「ブラックピエロの怪!」です。ハロウィンの夜に現われたブラックピエロ!ブラックホールを抜けるようにどこからともなくヘビのように忍び寄ってきてターゲットにした子供たちを次々と残酷な手口で襲います。一度その姿を見…

荒れ狂う龍神の怒りと魂!(後半!)

前回の荒れ狂う龍神の怒りと魂!の後半です。 ドラッグ(薬)やアルコールの効き目が頂点に達した時、不良少年、隆弘(高2)の意識はまるで様々な憤りの葛藤と戦っているようです。朦朧とした意識のなかでもその視線はするどくはっきりと1人の人間として自…

荒れ狂う龍神の怒りと魂!(前半!)

前回のホラーの「消えない視線!」に続きまた新たに、1人の不良少年、隆弘(高2、17才)の内面心理を描きました。 アルコールや薬、心が病むと同時に朦朧と頭や目がまわるなか、彼の背中に彫られた龍のいれずみ(タトゥー)がやり場のない怒りのかみなり…

暗黒の魔術師!(ブラックピエロの怪!)閲覧注意!

知人からハロウィンということで何かホラーチックな作品を描いてほしいと頼まれまして、初めてあまり気が進みませんでしたが残酷絵にチャレンジしてみました。僕はピエロが苦手なのでハロウィンのテーマにちょうど良いかなと思い選びました。絵はクレヨンを…

奏でるおひなさまのマーチ!

おはようございます。僕が描く中で数少ない、めずらしく笑顔が多い作品です。「ソアラの瞳は何色ですか!?」昨日に引き続き遅くなりましたが、今年の3月3日ひなまつりの時に描いた直樹とソアラです。卵のからでつくったおひなさまたちが五人ばやしの奏で…

ほのぼのホームコメディー!(ソアラの瞳は何色ですか!?)3月「おひな様をかざろう!」

染まる! 「ソアラの瞳は何色ですか!?」3月分の4コマ漫画です。遅くなりました。仲良くひな人形造りを競い合うふたりのぽかぽか日和のひなまつりです。 ①何やら夢中で色塗りの作業をしている直樹。カラーに人の表情に塗られた2体の卵の人形が机の上に置…

お盆の夜に!(日本のハロウィン!)

夏バテのせいかここ何カ月、絵から離れていて、ほとんど何も手付けず状態でした。*1 今回も過去絵で4、5年くらい前の夏に描いたものです。「少年の嵐!」シリーズの絵がまだ何枚か残っておりましてこの場をお借りして投稿させていただきます。ハロウィンの…

ほのぼのホームコメディー!(ソアラの瞳は何色ですか!?)2月 「雪のおくりもの!」

2月分のソアラたちの4コマです。皆様よろしくお願いいたします。♡(*^_^*) 雪の降るある日の出来事です。 ①しんしんと雪の降る早朝、直樹14才(中2)はソアラが起きてきたらびっくりさせようとせっせと雪だるまを作っています。そこへマフラーをくびにソ…

ほのぼのホームコメディー!(ソアラの瞳は何色ですか!?)1月「胃袋にも休日を!」

ソアラの瞳は何色ですか!?の初の4コマ投稿です(描いたのは3年くらい前ですが!)。皆様、どうかよろしくお願いいたします。(*^_^*) 食いしん坊のソアラは、お正月でも胃袋を休めることを知りません。食欲があることは健康であることの証かも知れません…

青い空のように!(ソアラくん登場です!)

オリジナル小説「ソアラの瞳は何色ですか!?」の表紙絵ように描いたものです。青空から降臨してきたのがソアラで、下にいる動物たちは塗り絵の本に描かれている子たちを御参考に描いてみました。直樹の父の働いている動物研究所で生まれた、コアラのお父さ…

夏の飛行船と蒼い入道雲!

オリジナル小説「ソアラの瞳は何色ですか!?」の表紙絵ように描いたものです。 直樹「今日の空は雲ひとつなくて、僕の大好きな青色が怖いくらいに広がっている。透き通るようにすがすがしい心地良い風が、僕の心の中に飛び込んできてたまった疲れをいやして…

こころの日曜日!

オリジナル小説「ソアラの瞳は何色ですか!?」の表紙絵用に描いたものです。 直樹「今日はこどもの日、学校に行っていない僕に休日なんて関係ないかも知れないけど、誰も相手にしてくれる人がいないのはやっぱりさみしいな!お父さん仕事で生物学の研究で忙…

アクアリウム!(僕の心の部屋!)

オリジナル小説「ソアラの瞳は何色ですか!?」の表紙に使っていたものです。不登校、中学2年(14才)の直樹少年のこころもようです。 直樹「外はとってもよく晴れているけど、やっぱり自分の部屋は落ち着くなあ~~。」